格安SIM・LINEモバイルレビューブログ @ まねねこ

格安SIM「LINEモバイル」を使い始めたら人生変わりました。使い勝手をレビューしていくブログです。

Twitter,Instagram,FacebookのSNS使い放題!コミュニケーションフリープランがすごい!

f:id:moneyneko-neko:20170128230646p:plain

 

こんにちは、まねねこです。LINEモバイルの最も大きな強みだといえる「コミュニケーションフリープラン」についてこの記事では書いていきます。SNS好きの方にとってはこのプランがあるのでLINEモバイルが本当におすすめです。
 

1.コミュニケーションフリープランとは

人気のSNSであるLINE, Twitter, Facebook, Instagramが使い放題になるプランです。使い放題というのは簡単にいうとデータ量としてカウントされない(カウントフリー)ということです。つまり何度TwitterやInstagramなどを見たり投稿しても全くデータ量を使ってないということになるんです!すごくお得ですよね。

公式サイトでプランを確認する。 

特にFacebook, Instagram, Twitterはデータ通信量が他のアプリと比較しても高くなる傾向があります。人によっては月の通信量の半分以上になることも!(ぜひアプリ別の通信量を確認してみてください!みたことない方々にとってはこれらだけ桁が違っていて驚くと思います。)そういう意味でも、3つのSNSがカウントフリーになれば大きくデータ量が節約になるのでお得になること間違いなしです。

2.料金体系

コミュニケーションフリープランの料金体系は以下の記事を確認してみてください。|

linemobile.moneyneko.net

 

最新の料金を公式サイトで確認する

3.注意事項

どれだけSNS使い放題といっても、それぞれのSNSにカウントフリー対象外となるものがあります。誤って使いすぎると大変ですので、ご利用の前にぜひ目を通しておいてください。

3-1. LINEのカウントフリー対象外となるもの

・外部リンクへの接続

・LINEトーク画面等に配信されるLINE LIVEなどのストリーミング動画

・LINEアプリ以外のアプリサービス

3-2. Facebookのカウントフリー対象外となるもの

・Facebook Live

・Facebook Messenger

3-3. Twitterのカウントフリー対象外となるもの

・Twitterのライブストリーミング動画 Periscopeの利用

3-4. Instagramのカウントフロー対象外となるもの

・2017年1月現在、公式サイトには記載されていませんが、始まったばかりのInstagram Liveなども今後対象になるのではないかと推測しています。

4. 体験談

まねねこもLINEモバイルを使い始めるにあたって、まずはコミュニケーションフリープランの7GBにしました。LINEモバイルの前はソフトバンクを使用していましたが、10GBのプランで月の端末割賦代をのぞけば8000円。それでも速度制限に到達してしまうこともあり、高い時は10,000円のときも・・。モバイルデータ通信量をみたところほとんどを占めてたのがFacebook, Instagram。GBレベルのデータ量となっておりいつもwifiなどがあるところで使うようにしてました。

 

そこで出会ったのがLINEモバイル。Facebook, InstagramをつけっぱなしにしていてもLINEモバイルに変えてから1日150MBを行き来するぐらいになりました。月換算だと4.5GBほど。当時の半分以下となってるのです!(感動)こうして、LINEモバイルが手放せなくなってしまったまねねこは、このようなLINEモバイルびいきのブログを書くことになりましたw

5. まとめ

以上、「Twitter,Instagram,FacebookのSNS使い放題!LINEモバイルのコミュニケーションフリープランがすごい!」でした。SNSをヘビーに使う方にとって、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランはほんとにほんとにおすすめです。ぜひご検討ください。

 

参考リンク

docomo, au, softbankからLINEモバイルへMNPする方法まとめ

f:id:moneyneko-neko:20170130155648j:plain

こんにちは、まねねこです。docomoやau、softbankからLINEモバイルにMNPする方法をまとめてみたいと思います。まねねこがMNPしたときに困ったことや、考えたことも一緒に書いていくので参考にしてもらえたらうれしいです。これからLINEモバイルのMNPを考えてるという方はぜひ本記事をブックマークしてくださいね!

また、手順2まで進んだ方で、まだLINEモバイルのSIMを申し込んでない方は公式サイトから申し込んでおいてください。

MNPってなんだっけ?

Mobile Number Portabilityの略で、今キャリアでお使いの携帯番号をそのままに、新しく契約する携帯会社(今回の場合ですとLINEモバイル)でも使えるようにすることです。スマホをもつのは1台だけという方にとって、MNPは必須になるかと思います。

docomo, au, softbankからLINEモバイルへMNPする

1. SIMロック解除可能端末か確認する、もしくはSIMフリー端末を手にいれる。

まずはLINEのSIMを挿入するSIMフリー端末に手持ちの端末がSIMロック解除可能か確認しましょう。docomo, auはほとんどの端末がSIMロック解除可能になっているかと思います。softbankの場合はSIMロック解除できる端末が出たのは最近のことなので以下のサイトでSIMロック解除可能な端末なのかかならず確認してください。SoftbankでiPhoneをお使いの方は6Sから、SIMロック解除可能です。

また、ここでは実際に解除する必要はなく、あくまで確認だけなので注意してください。(実際に解除するのはLINEモバイルのSIMカードが届いてからになります。)

お持ちの端末がSIMロック解除できないものだった方、もしくは気分一新で新しく購入したいという方は、iOSの場合Apple Storeで、androidの場合はいろんな家電量販店で販売しているのでそちらから手に入れます。

SIM変更後、使用していた端末はメルカリなどで販売するのがオススメです。ただしMNPする過程で古い端末の識別情報が必要になることもあるので、必ず、MNPができ、LINEモバイルを確実に使えるようになってから、販売するようにしてください。

2. MNP予約番号をネットから手にいれる

2-1. docomoの場合

MydocomoからMNP予約番号を手に入れます。窓口に足を運んだり、並んだりする必要がないのはとてもいいですね。

やり方ですが、My Docomoにアクセスし、My docomoサービス一覧 >  各種お申込・お手続き一覧 > ご契約内容確認・変更 > 携帯電話番号ポータビリティ予約 から申し込みができます。

2-2. auの場合

電話、EZWeb、店舗にてMNPの予約が行えます。詳しくはauサポートサイト、の「MNPお手続き」をご確認ください。

2-3.Softbankの場合

下記のサイトにある、Softbankの「MNPお問い合わせ窓口」に電話し、MNP予約番号を受け取ります。同時に解約月について伝えます。解約月の月末までにSIMを変更し、LINEモバイルを使い始めるようにしましょう。

2-4. 補足

MNPをするにあたり全キャリア共通で下記2点の料金がかかります。ご注意ください。

  • 1. 2年契約をしている方が途中で解約する場合、契約解除料は9,500円(税抜き)となります。ご注意下さい。
  • 2. MNPを行うにあたって転出事務手数料 3,000円, 新たに契約する携帯会社との契約事務手数料 3,000円が必要となります。

3. LINEモバイルへ申し込む

LINEモバイルの公式サイトにから申し込みボタンへ進みます。本人確認書類や、先ほど取得したMNP予約番号などを手元に用意してください。また注意すべきはSIMのサイズ。端末によってSIMのサイズが違うのでLINEモバイルのサイトでよく確かめてくださいね。

4. LINEモバイルのSIMが届く & SIMロック解除する

4-1. docomoの場合

2015年5月以降に発売された機種と、以前の機種でやり方が変わります。以下の公式サイトでやり方をご確認ください。

4-2. auの場合

auお客さまサポートサイトから行うか、店舗にいって行うことができます。店舗の場合は解除手数料の3,000円がかかりますのでサポートサイトから手続きを行うのがおすすめです。

4-3. Softbankの場合

My Softbankから行うか、店舗にいって行うことができます。auと同じく解除手数料3,000円がかかります。こちらもサイトであるMy Softbankから行うのがおすすめです。

5. LINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口に電話

LINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口に電話します。受付窓口の電話番号はLINEモバイルのSIMと一緒に同封されている書類「LINEモバイルにMNP転入でお申し込みのお客様へ」に記載されてます。電話後、LINEモバイルが使えるようになるまで2時間程度かかります。 

6. SIMを差し込み、LINEモバイルのAPN設定を行う

LINEモバイルのSIMを端末に差し込んだあと、SIMと一緒に同封されているLINE MOBILE MANUALを見ながらAPN設定を行います。マニュアル上に記載された方法でAPN構成プロファイルをダウンロードし設定してください。

7. LINEのアカウントを新規作成・引き継ぎ

MNP前と同じ端末を使う場合はこちらのステップはいりません。新しい端末にLINEを引き継ぐ場合はかならず下記のページを参考にしてください。(トークバックアップは必ずとるようにしましょう。)

official-blog.line.me

8. LINEモバイル公式アカウントを友だち追加

見出しの通り、LINEにてLINEモバイル公式アカウントを友だち追加します。

9. 契約者連携と利用者連携を行う

LINEモバイル公式アカウントのメニューから「契約者連携」を行います。契約者連携を行うと「利用コード」が発行されるのでそのコードをコピーします。再び公式アカウントのメニューから次は「利用者連携」をタップすると、利用コードを入力する箇所があるので入力します。

10. MNP完了!

これで全て完了です!!お疲れさまでした!! :) 

まとめ

以上、「docomo, au, SoftbankからLINEモバイルへMNPする方法まとめ」でした。これで花のLINEモバイル生活のはじまりですね!このブログの他の記事を参考にして素敵なLINEモバイルライフを楽しんでください。

LINEモバイルにした後、次に何をすればいいんだろう?という方は特にLINE Payカードを申し込んでおくのがまねねこのおすすめです。ぜひ下記の記事も参考にしてくださいね。

linemobile.moneyneko.net

 

公式サイト

 

LINE Payカード + モバイルSuica!最強の組み合わせ徹底解説

こんにちはまねねこです。LINEモバイルにしたことでLINE Payカードも使い始めたのですが、このLINE Payカード、モバイルSuicaと組み合わせたらとんでもなく便利でお得になります。本記事では主にiPhone 7を使ってる人向けにLINE Payカードの申し込みの仕方、使い方、モバイルSuicaとLINE Payの接続の仕方を書いていきたいと思います。

LINE Payカードとは

f:id:moneyneko-neko:20170127160914p:plain

LINE PayカードはJCBブランドのクレジットカード「風」に使えるプリペイドカードで、LINEモバイルはもちろん、ネットショッピングの支払いや、JCBの加盟店舗(国内900万店舗)での支払いに使えます。まねねこはLINEモバイルの申し込みとほぼ同時にLINE Payカードも登録しました。

ポイントは支払いごとに2%のLINEポイントがつくこと。この還元率はクレジットカードの中でもトップクラスです。カードのチャージ方法も簡単。銀行口座、コンビニなどたくさんありチャージしたいと思った時にすぐできて便利です。

年会費 / 還元率(驚異の2%!)

  • 年会費: 無料
  • 還元率: 驚異の2%

プリペイドカードなので年会費などはもちろんありません。還元率は前述の通り驚異の2%。これは昨今のクレジットカードと比較してもトップクラスの還元率です。普通のクレジットカードだと年会費を払わないとここまでの還元率は出てこないので相当お得なカードといえるでしょう。

LINEモバイルの支払いに使える!

特に注目はLINEモバイルに使えること。MVNO系のスマホ、いわゆる格安SIMの支払いは普通クレジットカードが必須でした。クレカの審査などがネックだったり、お子様に持たせるにしても、クレカをわざわざ作成するのは煩わしかったりすると思います。しかしLINE Payカードは実質プリペイドカードなので、クレジットカードを作成する必要なし。これはLINEモバイルの大きな強みですね。

モバイルSuicaの支払いに使える!

LINE Payカードは便利なプリペイドカードとはいえ、交通機関のICタッチパネルに使えるわけでもないし、気軽にピッとおして自販機でお茶、ジュースなどを買えるわけでないです。またApple Payに対応してるわけでもありません。

 

しかし、そんなLINE Payカードでも、モバイルSuicaアプリのチャージをLINE Payカードからすることにより、間接的ではありますが、Suicaで利用する金額に応じてポイントがたまっていくようになります!(ポイント付与されるタイミングはSuicaへのチャージ料金支払い時となります。)

 

一度設定しまえば電車や自販機、Suica対応の定食屋さん(大戸屋、CoCo壱!)などでもピッピッと使えるので本当に便利です!しかも前述の通り、LINE Payカードのポイント還元率は驚異の2%!これに店舗のスタンプカードなどを組み合わせるとものすごいポイントがもらえます。

 

LINE PayカードとモバイルSuicaの接続のやり方は下に書いてますのでぜひ試してみてください。(とても簡単です。)androidの方も基本的には設定の仕方は同じなので参考にしてくださいね。

LINE PAYカードの申し込みの仕方

1. カードデザインを選び利用者情報を登録

まず下記のサイトからLINE Payカードの申し込みを行います。(今なら300円がもらえるキャンペーン中なのでお得です!)

 

下図のように好みのデザインを選択し、、利用者の情報(名前, 住所)を入力します。

f:id:moneyneko-neko:20170127155947p:plain

引用: LINE Payカード申し込み方法

2. カードが届く(1~2週間)

 1〜2週間ほどすると申し込んだLINE Payカードが到着します。

3. 利用開始手続きをする(LINE Pay)

下図のQRコード、もしくはLINEを起動 > その他 > LINE Payからカードイラストの下部をタップし、利用開始手続き画面を表示します。そのあとにカード裏面にある3桁の番号(セキュリティコード)を入力すれば利用手続き完了です。

引用: 【LINE Pay】LINE Pay カードの使い方をご紹介。全てのお買い物で2%のポイントゲット!

4. チャージの仕方

チャージは以下の方法でできます。LINE Payを開いたあとにチャージを押せば各項目がでてきます。まねねこはよく銀行口座を使いますがボタンをタップしたあとすぐにチャージされるので、カードを使用する直前にチャージしても全然間に合います。

  • 銀行口座
  • LAWSONレジチャージ
  • Pay-easy
  • コンビニ
  • オートチャージ

モバイルSuicaにLINE Payカードを使う方法

1. モバイルSuicaを端末に登録する

1-1.モバイルSuicaをApp StoreからDL

まず、モバイルSuicaをApp StoreからDLします。(androidの方はGoogle Play Storeから)

Suica

Suica

  • East Japan Railway Company
  • ファイナンス
  • 無料

play.google.com

 

2.モバイルSuicaにLINE Payカードを登録する

2-1. ホーム画面からプラスボタンを追加します。

f:id:moneyneko-neko:20170129140239j:plain

2-2. Suica(無記名), My Suica(記名式)を選ぶ

f:id:moneyneko-neko:20170129140153j:plain

 

2-3.支払い方法にてLINE Payカードをクレジットカードとして登録

f:id:moneyneko-neko:20170129140148j:plain

 

これで登録は完了です。iPhone7 Plusの方は自然とWalletアプリにモバイルSuicaが追加されたかと思います。

3. LINE PayカードでモバイルSuicaをチャージする

それでは続いて、モバイルSuicaに実際お金をチャージし、使う方法を見ていきましょう。

 

3-1. モバイルSuicaアプリをひらき入金(チャージ)を選択

f:id:moneyneko-neko:20170129140144j:plain

 

3-2. チャージする金額を選択する

f:id:moneyneko-neko:20170129140140j:plain

 

3-3. 支払い方法にクレジットカードを選択する 

f:id:moneyneko-neko:20170129140133j:plain

 

3-4. 確認して問題なければ入金(チャージ)を押す

f:id:moneyneko-neko:20170129140130j:plain


簡単ですね!支払いする前に残額を確認し、残り少ないようならチャージをするようにしていきましょう。

まとめ

以上、「LINE Payカード + モバイルSuica!最強の組み合わせ徹底解説」でした。一度登録しちゃえば、交通や食事、コンビニの支払いでもどんどんLINEポイントがたまって楽しくなっていきます。(なんてったって2%ですからね!)まねねこは最近毎日iPhone7Plusでピッといろんな支払いに使っていてもう完全にLINEさんにはまっちゃってます。iPhone 7 Plusを使っている方は参考にしてみてくださいね。

また、「LINE PayカードやモバイルSuicaをフル活用したいので、LINEモバイルにしたい!」という方は公式サイトもぜひのぞいてみてください。

最後に以下の項目では検索が多いLINE Payカードの対応店舗の一部代表的なものを記載しておきます。

LINE Payカード 対応店舗

*アイウエオ順

  • AOKI
  • 甘太郎
  • 109 CINEMAS
  • イトーヨーカドー
  • 魚民
  • EDION
  • 小田急百貨店
  • カラオケ館
  • GEO
  • ココカラファイン
  • COCO'S RESTAURANT
  • コジマ
  • サークルK
  • サンクス
  • ジャンカラ
  • 庄や
  • Joshin
  • 白木屋
  • 西友
  • セブンイレブン
  • ZOZOTOWN
  • ソフマップ
  • 大丸
  • デイリーヤマザキ
  • TOHOシネマ
  • ファミリーマート
  • ビックカメラ
  • ブックファースト
  • 文教堂
  • 松坂屋
  • ミニストップ
  • USJ
 

格安SIM・LINEモバイルのレビューブログについて

格安SIM・LINEモバイルのレビューブログをはじめます!

はじめまして、まねねこです。本ブログを読んでいただきありがとうございます。2017年1月にソフトバンクから格安SIM・LINEモバイルにMNPしました。乗り換え後本当に毎月の通信費が激減して本当に感動してますT_T ということで、LINEモバイルの良さをもっと伝えていこう!という思いから、このブログがはじまりました。

ブログに書く内容は以下のような感じです。

  • LINEモバイルのこと
  • LINE Payカード
  • LINE Music (好きな音楽のことも併せて)
  • 格安SIM比較
  • iPhone. おすすめアプリ
  • その他

おすすめ記事

LINEモバイルについて

linemobile.moneyneko.net

  • LINEモバイルの大きな特長であるSNS使い放題のプラン「コミュニケーションフリープラン」についてまとめた記事です。Instagram, Twitter, Facebookをよく使う方にとっては最強のプランですね。

linemobile.moneyneko.net

linemobile.moneyneko.net

  • docomo, au, softbankそれぞれからLINEモバイルへMNPする方法を書いた記事です。ステップごとに順をおって書いているのでわかりやすいかと思います。MNPどうやってやればいいのか悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

LINE Payカード

linemobile.moneyneko.net

  • LINEモバイルユーザーにおすすめのLINE Payカード。モバイルの支払いができるだけでなく、ポイントが2%という高還元率が魅力的です。
  • この記事ではiPhoneにインストールしたモバイルSuicaの支払いをLINE PayカードにすることでSuicaの支払い(交通費, 自販機とか!)を

格安SIM比較

linemobile.moneyneko.net

  • 随時更新中の格安SIM比較まとめ記事。料金表や各SIMの特長・おすすめの方などを書いてます。格安SIMをどれにしようかなやんでる方におすすめです。
  • 現在, LINEモバイル, mineo, 楽天モバイル, UQモバイル, nuro mobileなどについて紹介しています。

ブログ開設日

  • 2017年1月27日

LINEモバイルを始めた日

  • 2017年1月18日

まねねこのスペック

  • オス
  • 節約、お金の情報について研究中。
  • このブログでは通信代がお得になるSIMについて書いていきます。

まねねこのあれこれ

スマホ

iPhone 7 Plus

linemobile.moneyneko.net

  • LINEモバイル, LINE Payカード, モバイルSuicaと連動させることで最強となりましたiPhone 7 Plus。使えば使うほどお得にポイントが貯まってる感じがして本当幸せです。
  • Plusならではのポートレイト写真の良さにも書いてます。ほんっとにおしゃれに撮れて素敵ですよ!

好きなもの

星野源!!

  • 2011年に見た映画モテキの挿入歌で「ばらばら」が流れ一耳ぼれしました。
  • そこからアルバムを全て揃えていきました。2016年一番はまったドラマももちろん逃げ恥です。
  • 星野源についても色々と記事を書いていきたいです。(ニーズがどこまであるかわかりませんがw )